◆不動産登記◆

不動産登記は、土地や建物の所在・面積のほか、所有者の住所・氏名、債権者の情報などを公の帳簿(登記簿)に公示・記載する事をいいます。
情報を一般に公開することにより、権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、 取引の安全と円滑をはかる役割を果たしています。これにより、高額な不動産等の取引をスムーズに行う事が可能となっています。

 

■不動産登記の主な種類
◆所有権移転登記(売買)
不動産ご購入の際に、所有権ご移転の登記、ご融資金の抵当権設定登記まで手続きをさせて頂きます。
◆財産分与による所有権移転登記(ご離婚)
ご離婚にともなう財産分与による不動産の所有権移転登記手続きをします。
◆(根)抵当権設定(ご融資)
銀行からご融資を受ける際に(根)抵当権という担保権を不動産に設定する手続きとなります。
◆抵当権設定・抵当権抹消(お借換え)
現在お借入している銀行から違う銀行へご融資を切り替える場合、現在お借入先銀行の抵当権抹消登記・新たにお借入される銀行の抵当権設定登記申請の手続きをさせて頂きます。
◆抵当権抹消(ご完済)
現在銀行からお借入しているご融資金をご完済された場合に、抵当権の抹消登記の申請手続きをさせて頂きます。
◆所有権移転登記(ご相続)
ご相続による不動産の所有権移転登記手続きを申請させて頂きます。
◆お手続きの流れ◆
  1. <ご相談>
    詳しくご内容を聞かせて頂きます。
    NEXT
  2. <受任・事前調査>
    お手続きの受任後、物件調査・内容検討・必要な書類の収集などを行います。
    NEXT
  3. <書類の授受>
    必要な書類の作成 ご署名 ご捺印を頂きます。
    NEXT
  4. <法務局への申請>
    NEXT
  5. お手続き完了後、お手元に権利証・登記簿謄本等書類をお納め致します